ボクシングチャンピオン田口良一選手について

田口良一

ボクシングは幅広い世代に人気のあるスポーツです。ぎりぎりまで体を鍛え上げた選手たちが戦う姿は、観客を魅了します。

田口良一選手は人気スポーツボクシングのプロ選手です。これまでには、日本ライトフライ級の王者や、WBA世界ライトフライ級の王者になっています。右のボクサーファイターのスタイルで、ワタナベボクシングジムに所属しています。

田口良一選手は、高校の卒業直前にジムに入門し本格的にキャリアをスタートさせました。プロデビューは2006年7月19日で、後楽園ホールでした。この試合では1回でTKO勝利をあげています。

2007年には、全日本新人王のタイトルを獲得しています。その後は日本タイトルに挑戦を続け、2013年4月3日に判定勝ちで日本ライトフライ級のチャンピオンとなりました。

その後防衛に失敗し、再起を図った後の2014年12月31にWBA世界ライトフライ級のタイトルマッチで判定勝ちをして世界チャンピオンとなりました。

この試合では、序盤は相手チャンピオンのうまさに苦しめられましたが、8回と9回にダウンを奪うことができ優勢になりました。試合を行った場所は地元であったため、地元での王座獲得となりました。