ボクシングスポーツのチャンピオン・亀田大毅の伝説

亀田大毅

ボクシングとはスポーツの中でも格闘技の部類に含まれているものであり、非常に数多くの伝説を生み出しているスポーツとして知られています。

その伝説の中心人物となっているのがチャンピオンの存在であり、歴代にはそれぞれの伝説を有した人物が知られています。そしてその中のひとつとして記憶に新しい人物が亀田大毅です。

亀田大毅はいわゆる亀田三兄弟といわれている兄弟でボクシングをしている中の次男であり、父親をトレーナーとして左フックを得意とする右ボクサーファイターです。

その経歴としては第71代WBAの世界フライ級王者・第25代IBF世界のスーパーフライ級王者・そして世界2階級制覇王者とプロボクサーとしてもチャンピオンとしても華々しい伝説を有しています。

そして彼が有名となったのはそれだけではなく、常に挑発的な発言を繰り返し、テレビや試合でのマスコミなどに対するパフォーマンスが注目の的となったことが上げられます。

当時は人気急上昇だったのですが、反則騒動や追突事故などのスキャンダルが原因で厳罰を受け、その後はボクシングを引退するという苦々しい幕引きをしたというところでも一種の伝説を残した人物として語り継がれています。